「世界一美味しい煮卵の作り方」というタイトルに惹かれて購入したのは、『超絶安い!超絶簡単!多分旨い!めんどくさがりな一人暮らしに最適なレシピ』を紹介している、有名ブロガー「はらぺこグリズリー」さんのレシピ本でした。

世界一美味しい煮卵の作り方 家メシ食堂 ひとりぶん100レシピ (光文社新書)

本屋さんに積んであったのでパラパラと見て、「よし、調理の手順が短い!」という私独自の料理本判定基準の元、購入を即決。早速、「世界一美味しい煮卵」を作ってみました。

これは煮卵ではなく、なんちゃって煮卵もしくは味付け玉子?

世界一美味しい煮卵を作る

世界一美味しい煮卵を作る とろーり半熟が美味しい!

実は「煮卵」を作ったことが無かった(恐らく母や祖母が作ったこともない)ので、定義がよくわかっていないのですが、私にとってはなんとなく「飲み屋さんメニュー」な煮卵・味付け玉子、「ラーメントッピングメニュー」な味玉。

昔、東京駅八重洲口近くのクラフトビールを出すお店の煮卵が好きで、行くたびにオーダーしてました。一皿に4個ほどが半分にカットされた状態で提供されていたのですが、ひとりで飲むため(当時は玉子は1日1個!みたいなのが常識だったので)全部食べてなぜか罪悪感に苛まれていたという(笑)

最近では卵も1日に数個食べても良いと言われていますので、まぁ、5つまでならいいのではないかと自分判断しております。

さて、いいアテである煮卵の作り方が、A6サイズのページ1枚にらくらく入っている。なんて簡単!と思いきや、あれ…?

卵は茹でているのですが、煮ていないのですね?カンタンレシピだからなのか、それともそもそも「煮卵」と言われているものは「味付け玉子」がほとんどなのでしょうか???(実際、ネットで色々読んでみましたが、人により解釈は様々)

カンタン3ステップ!でも、味付けが意外と難しい煮卵(味付け玉子)

細かい作り方は書籍に任せておくとして、本当にカンタンなんですね。

  1. 卵を沸騰したお湯で茹でる
  2. 氷水でしめる
  3. 殻を剥いて、麺つゆに漬ける

世界一美味しい煮卵を作る

世界一美味しい煮卵を作る まずは半熟卵を!

3ステップと言えども私は半熟卵が成功したことがなかったので、最初のハードルがとても高く感じたのですが、レシピにある茹で時間通りにやったら、少し緩いかな~ちょうどいいかな状態の半熟卵になりました。(実は、もう3回作っているので)

「沸騰したお湯で」というところがポイントでしょうか。以前、失敗しない半熟卵の作り方をいくつか試している中で、「水から」というのもいくつか見かけたのですが、うん、沸騰したお湯で良さそうだな~という感じです。ちょっと茹で方があますぎる分には、殻さえきちんと剥ければ(ここ、結構大事です)逆にご飯などで美味しくいただけます。

『氷水でしめる』をきちんとやることで、若干ふにゃんふにゃんしたゆるめの半熟卵も、きれいに殻を剥くことができたので…たったの3ステップ、これ以上の手抜きは避けたほうが良さそうです(と、自分に言いきかせます)。

試行錯誤が続く…いつか自分好みの煮卵(味付け玉子)を食すために!

世界一美味しい煮卵を作る

世界一美味しい煮卵を作る レシピに合った通りキッチンペーパーを利用

さて、食した結果どうだったかというと…実は「美味しい」とは思うものの「成功!」まではまだ行っていません。

1回目は自家製の麺つゆで試したのですが、4時間ではしっかりと味がつきませんでした。2回目は、カツオの麺つゆ3倍濃縮で4時間試し、薄かったので8時間置いてみて…でも、何かイマイチ。

出汁そのものを濃くしないと味がつかないのかと、3回目は昆布だしの麺つゆ(2倍濃縮)で8時間試したら、今度は濃くなりすぎて…しょっぱいなぁと(美味しいとは思うけれど、白いご飯が必須)。

世界一美味しい煮卵を作る

世界一美味しい煮卵を作る あれれ、なんとなくまだら(笑)

次なる4回目は、2倍濃縮を少しだけ薄めて、4時間からテストですかね…試行錯誤は続く!