女性でもおひとりさまでも楽しめるクラフトビールやワイン + アフタヌーンティーの備忘録@東京

イギリスのビール

タグ 記事一覧

Watering Hole(ウォータリングホール)飲み屋?社交場?動物の水飲み場?で6周年ビールをいただいてきました@東京, 代々木, 新宿, 新宿三丁目

おおよそ5年ぶりの訪問の『Watering Hole(ウォータリングホール)』。代々木にある、昼飲み&一人飲みの強い味方です!個性的な21タップが並びます

【9月30日まで】MAISON KAYSER MARUNOUCHI(メゾンカイザー丸の内)今年もビアガーデン?が開催!”MAISON KAYSER BEER GARDEN with LE CREUSET”@東京, 大手町

ゴージャス感のあるビアガーデンは、昨年行ったお台場のヒルトンに次いで2軒目です。昨年の海浜幕張に続き、今年は丸の内店とサンシャインシティ池袋店で楽しむことができる”MAISON KAYSER BEER GARDEN with LE CREUSET”では、燻製パンやお肉を肴にクラフトビールを飲み放題で楽しめます。

Smoke Beer Factory NAMACHAん Brewing(スモーク ビア ファクトリー なまちゃんぶりゅーいんぐ)オリジナルビール4種類を飲み比べてきた@東京, 大塚

大塚で「燻製」「クラフトビール」と言えばここ、『namachaん Brewing』です。なぜ真ん中を「ん」にしたんだろう…ブランディングしにくいじゃないか…とか思いつつ、オリジナルビールが4種類飲めるというので行ってきました。やっぱり、燻製は美味しい!

Gambrinus Roppongi(ガンブリヌス六本木)正式オープンしたから、クラフトビール&天ぷら屋らしいフィッシュ&チップスを食べてきた@東京, 六本木

6月10日のプレオープンにお邪魔した『Gambrinus Roppongi』(ガンブリヌス 六本木)、フードメニューも正式なものになるのを待って、行ってきました。天ぷら屋さんらしいフィッシュ&チップス、なんと『鱧』ですよ!

COOPER ARE’S(クーパーエールズ)その2:私的日本クラフトビールの原点、梅錦の『アロマティックエール』を飲みに@東京, 新橋

梅錦ビールの『アロマティックエール』を見つけ、久々に新橋の『Cooper Ale’s』(クーパーエールズ)へ。いつ訪問しても笑顔で迎えてくださるスタッフさんと車トークしつつ、美味しくいただきました。

BEER PUB CAMDEN 南池袋店(ビアパブカムデン)3つ目のカムデンは、ふらりと立ち寄りたい路面店@東京, 池袋

池袋駅東口と西口に1店舗ずつある『BEER PUB CAMDEN(ビアパブカムデン)』の3店舗目が南池袋に開店しました。前日のプレオープンに伺ったら人、人、人!ウッディでお洒落な店内は、常連さん&クラフトビールファンで溢れていました。

Pigalle Tokyo(ピガール東京)その2:デンマークホットドックを食べに、クラフトビアパブへ@東京, 三軒茶屋

デンマークホットドックがどうしても食べたくて、近くに来たので夕食を(わざわざ)減らして2軒目にやってきました。ピガール東京は相変わらず、おもちゃ箱のようで温かい空間です。

Pigalle Tokyo(ピガール東京)まるでおもちゃ箱!『5坪のヨーロッパ』でクラフトビールを楽しむ@東京, 三軒茶屋

入口をみただけで、こんなにワクワクするお店も珍しいですよね!『5坪のヨーロッパ』のキャッチ通り、中には美味しいヨーロッパのクラフトビールと共にノスタルジックな欧州の空気が溢れています。

クラフトビアバル IBREW WIRED (アイブリューワイアード)1号店にほど近い2号店は、魚介でさらりと飲む@東京, 有楽町, 銀座一丁目, 京橋

クラフトビアバル IBREW WIRED (アイブリューワイアード)、2回目の訪問です。1号店と道路を挟んで建っているので、片方が満席ならもう片方に…とできるのが、最大の良いところかも?!

Full Monty British Pub and Cider House(フルモンティ ブリティッシュ&サイダー ハウス)英国か?!と錯覚しそうなイングリッシュパブ@神奈川, 関内, 桜木町, 日ノ出町

関内、桜木町、日ノ出町の3つの駅から歩いていかれる『FULL MONTY』(フルモンティ)では、まるでイギリスのローカルパブにいるような、温かい疑似体験と美味しいパブフードとこだわりのクラフトビール&サイダーが楽しめます。

ワールドビア&ダイニング ミハマベース(WORLD BEER & DINING MIHAMA BASE)住宅街&平日でも客が絶えない、常連に愛されるクラフトビールのお店@千葉, 稲毛海岸

JR京葉線の駅から歩いてすぐの住宅地にあるワールドビア&ダイニング ミハマベース(WORLD BEER & DINING MIHAMA BASE)。近所の人がゆっくり/軽く楽しみにくる、地元密着型クラフトビアバーです。

The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)その2:バーンズ・ナイト=本場の『ハギス』で偉大な詩人を称えよう!@東京, 飯田橋, 牛込神楽坂

神楽坂のThe Royal Scotsman (ザ・ロイヤルスコッツマン)で、ハギスイベント『バーンズ・ナイト』に参加してきました!フィッシュ&チップスと同じぐらい好きなハギス!なかなか食べられないハギス!

Bar Malt Road(バー モルトロード)変わらない、穏やかな雰囲気に包まれたイングリッシュバー(旧 The Jha Bar)@東京, 神田, 淡路町

昨年10月に『The Jha Bar』から『Bar Mault Road』に名前が変わったイングリッシュバー。名前が変わっても、温かみのある店内とサービス、本場英国らしい様相・フード・ビールは変わりません。

The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)神楽坂で本場を楽しむ!絶品パブフードとクラフトビール@東京, 飯田橋, 牛込神楽坂

2011年から神楽坂で人気の、本場ブリティッシュパブである『The Royal Scotsman』(ザ・ロイヤルスコッツマン)。英国かぶれも虜になる、パブフードが絶品!

ØL Tokyo(OL /オル トーキョー)北欧と日本の質の高いクラフトビールにこだわるビアバー@東京, 渋谷, 神泉

奥渋谷の入り口、Bunkamura近くの小道を入っていくと、『ØL』はあります。『OL』はノルウェー語で「ビール」の意。北欧ライクの可愛らしい雰囲気に惹かれて明るい店内に入っていくと、20タップがお出迎え。

上に戻る