女性のおひとりさまでも楽しめるクラフトビール+ワインとアフタヌーンティーの備忘録@東京

ひとり飲み

Beer Switch(ビア スウィッチ)注ぎ方と「顧客目線」にこだわり大手4社の樽生ビールを楽しむ、料理が美しいビアバー@神奈川, 宿河原

クラフトビール好きですが、たまにはメーカービールも飲むんですよ。…偶然と言うか、調査ミスなんですけれども…ということで、日本の4大ビールメーカーの樽生を楽しめる『Beer Switch』(ビア スウィッチ)で『マルエフ』と美味しいおつまみをいただいてきました。

船橋ビール醸造所(フナバシビールジョウゾウショ)船橋市の食材でいただく、船橋のクラフトビール@千葉, 西船橋

今年の初夏にオープンした、『船橋ビール醸造所』はオリジナルビールを造る醸造施設と、船橋市地産地消のおつまみと共にクラフトビールがいただけるビアバーが並んでいるお店です。クラフトビアバーが少ない(というか、散りすぎてる?)千葉県に於いて貴重なマイクロブルワリー、初訪問です。

【ワークショップ】幕張ブルワリー(MAKUHARI BREWERY)その7:ビールを飲みながら楽しむ からすみの作り方講座@千葉, 海浜幕張

『カラスミ』…それは、高価だけどイマイチ味を覚えていない『日本三大珍味』のひとつ。幕張ブルワリーで『ビールを飲みながら楽しむ からすみの作り方講座』があるというので、興味津々、参加してきました!

【マドリード】Brew Wild Pizza Bar(ブリューワイルド ピザバー)太陽の門から少し離れて、路地裏のお洒落なビアバーで軽く2杯@Madrid, Spain

気温は35度近く、照り付ける太陽は日本のそれよりも容赦がない感じのマドリード。数カ所観光をしたらもうクラフトビールが飲みたくなってしまいます。ネットで検索して中心地「太陽の門(Puerta del Sol)広場」から一番近い『Brew Wild Pizza Bar』(ブリューワイルド ピザバー)へ。

【マドリード】Mesón del Champiñón(メソン・デル・チャンピニョン)直訳すると『マッシュルームの館』?スペインの美味しい野菜とサングリアで乾杯@Madrid, Spain

12年前にスペインに来た時に感じたのが野菜の美味しさでした。青々としたトマトやピーマンの味が懐かしい風でもありました。今回は「マッシュルームの館」m『Mesón del Champiñón』(メソン・デル・チャンピニョン)でマッシュルームとパドロンピーマン(?)を堪能しました。

【マドリード】Casa Labra(カサ ラブラ)バルのおつまみはタラ一択!タラのコロッケとフライが必食の1860年創業の老舗バル@Madrid, Spain

1860年創業のマドリードの中でも老舗に入る有名バルで是非食べたいのは、タラのフライとタラのコロッケ!Casa Labra(カサ ラブラ)では、今回のスペイン旅行で一番美味しい「Croqueta de bacalao」を堪能しました。

【バスク地方】Exploring the World from Bilbao(エクスプローリングザワールド フロム ビルバオ)ビルバオ空港で出発前にバスク地方最後のビールを楽しむ!@Bilbao, Spain

ビルバオ空港でセキュリティを通った後の出発ロビーに、『Exploring the World from Bilbao』(エクスプローリングザワールド フロム ビルバオ)はあります。San Miguel(サン・ミゲル)のタップが6つある、旅人に嬉しい空港内レストラン。

【バスク地方】Tegobi(テゴビ)地元密着型なコジーなビアバーでスペインのクラフトビールを楽しむ@Bilbao, Spain

バスク地方の中では大きな都市であるBilbao(ビルバオ)。「Craftbeer」で検索したらいくつものお店が出てきましたが、オリジナルビールがあって、クラフトビールにこだわっていそうな、早い時間からオープンしているお店…と選んで、Tegobi(テゴビ)にお邪魔してきました。

【バスク地方】La Viña del Ensanche(ラ・ビーニャ・エンサンチェ)ビルバオで最古参のバルでのんびり舌鼓@Bilbao, Spain

ビルバオでは、私がこの旅の参考にした旅行雑誌『CREA Due Traveller:熱愛スペイン』で「バスクで廻った15軒の中でナンバー1」と記者が感想を述べていたバルへ。『La Viña del Ensanche』(ラ・ビーニャ・エンサンチェ)は、お店の雰囲気も料理も、たっぷりと楽しめる老舗バルです。

【バスク地方】Bar Txepetxa(バル チェペチャ)狭くても大人気!イワシの酢漬けがとても美味しい、旧市街地のバル@San Sebastian, Spain

美食の街、サン・セバスティアンでのバル巡りも4軒目です。『Bar Txepetxa』(バル チェペチャ)はグルメなスペイン在住の友人のおススメで、大好きなイワシが美味しいとのことでとても楽しみにしていました。狭い店に早くからお客さんがぎゅーぎゅーになる、旧市街地でも人気店のようです。

【バスク地方】KAÑABIKAÑA Craft Beer Shop(カニャビカニャ クラフトビア ショップ)今っぽい、サン・セバスティアンの新市街地にあるクラフトビールの情報発信基地的タップルーム@San Sebastian, Spain

遠くまで来たのだから、そこでしか飲めないクラフトビールが飲みたい!『KAÑABIKAÑA Craft Beer Shop』(カニャビカニャ クラフトビア ショップ)は、全クラフトビールファンの願いをサン・セバスティアンで叶えるタップルーム。

【バスク地方】Cerveceria Etxeberria(セルベセリア エチェベリア)醸造所もあるらしい?バル巡りでちょっと怪し気?!な、旧市街地にあるクラフトビアバーにも立ち寄ってみた@San Sebastian, Spain

タイムスリップしたようなサン・セバスティアンの旧市街地で、ちょっと不思議で独特な空気感を持つビアバーに辿りつきました。『Cerveceria Etxeberria』(セルベセリア エチェベリア)は1983年オープンと少し年季が入っているだけに、オーナーの趣味の空間になっているのでしょう…。

バスク地方の伝統的なパブ CASA Vergara 1948(カサ ベルガラ )@San Sebastian, Spain

美食エリア、バスク地方にあって『世界一の美食の街』と呼ばれるサン・セバスティアン。30Km圏内に17店のミシュラン店があるそうですが、私の目的は狭い旧市街地に立ち並ぶシックなバル。まずは、CASA Vergara 1948(カサ ベルガラ)へ。

【バルセロナ】GARAGE BEER(ガラヘビア)ガレージのような入口と稲妻がトレードマーク。バルセロナのクラフトビールと言えば!…の代表的ブルワリー@Barcelona, Spain

一度目に前を通りかかったときは、中が暗くてちょっと腰が引けてしまったのですが、ブルーパブということを知り2日目にトライしたのが『GARAGE BEER』です。12タップ中10タップがオリジナルという、「そこのクラフトビールを生で飲みたい」派には嬉しいバルセロナのお店です。

【バルセロナ】NaparBcn(ナパル バルセロナ)とびっきりカッコイイビアバーに見とれてしまう!NaparBier(ナパルビア)のブルーパブ@Barcelona, Spain

前日に続いてバルセロナ大学方面にクラフトビールを飲みにやってきました。『Napar BCN』(ナパル バルセロナ)は、スペインのバスク地方のブルワリー『Napar Bier』(ナパルビア)のバルセロナの拠点。インテリアがとっても素敵でうっとり。

上に戻る