女性でもおひとりさまでも楽しめるクラフトビールやワイン + アフタヌーンティーの備忘録@東京

昼飲み可

タグ 記事一覧

【マドリード】El Rincon de Jaen Ⅰ(エル・リンコン・デ・ハエン)スペインの家庭料理的素朴さがとても美味しい!マドリード在住の日本人おススメのスペイン料理@Madrid, Spain

マドリード1泊目に、マドリード在住の日本人の友人に「美味しいから」と連れて行ってもらったお店『El Rincon de Jaen Ⅰ』(エル・リンコン・デ・ハエン)。素朴なスペイン料理だと思うのですが、どれも美味しくてワインもすすむお店です。

【マドリード】Brew Wild Pizza Bar(ブリューワイルド ピザバー)太陽の門から少し離れて、路地裏のお洒落なビアバーで軽く2杯@Madrid, Spain

気温は35度近く、照り付ける太陽は日本のそれよりも容赦がない感じのマドリード。数カ所観光をしたらもうクラフトビールが飲みたくなってしまいます。ネットで検索して中心地「太陽の門(Puerta del Sol)広場」から一番近い『Brew Wild Pizza Bar』(ブリューワイルド ピザバー)へ。

【マドリード】Mesón del Champiñón(メソン・デル・チャンピニョン)直訳すると『マッシュルームの館』?スペインの美味しい野菜とサングリアで乾杯@Madrid, Spain

12年前にスペインに来た時に感じたのが野菜の美味しさでした。青々としたトマトやピーマンの味が懐かしい風でもありました。今回は「マッシュルームの館」m『Mesón del Champiñón』(メソン・デル・チャンピニョン)でマッシュルームとパドロンピーマン(?)を堪能しました。

【マドリード】Casa Labra(カサ ラブラ)バルのおつまみはタラ一択!タラのコロッケとフライが必食の1860年創業の老舗バル@Madrid, Spain

1860年創業のマドリードの中でも老舗に入る有名バルで是非食べたいのは、タラのフライとタラのコロッケ!Casa Labra(カサ ラブラ)では、今回のスペイン旅行で一番美味しい「Croqueta de bacalao」を堪能しました。

【バスク地方】Exploring the World from Bilbao(エクスプローリングザワールド フロム ビルバオ)ビルバオ空港で出発前にバスク地方最後のビールを楽しむ!@Bilbao, Spain

ビルバオ空港でセキュリティを通った後の出発ロビーに、『Exploring the World from Bilbao』(エクスプローリングザワールド フロム ビルバオ)はあります。San Miguel(サン・ミゲル)のタップが6つある、旅人に嬉しい空港内レストラン。

【バスク地方】Tegobi(テゴビ)地元密着型なコジーなビアバーでスペインのクラフトビールを楽しむ@Bilbao, Spain

バスク地方の中では大きな都市であるBilbao(ビルバオ)。「Craftbeer」で検索したらいくつものお店が出てきましたが、オリジナルビールがあって、クラフトビールにこだわっていそうな、早い時間からオープンしているお店…と選んで、Tegobi(テゴビ)にお邪魔してきました。

【バスク地方】La Viña del Ensanche(ラ・ビーニャ・エンサンチェ)ビルバオで最古参のバルでのんびり舌鼓@Bilbao, Spain

ビルバオでは、私がこの旅の参考にした旅行雑誌『CREA Due Traveller:熱愛スペイン』で「バスクで廻った15軒の中でナンバー1」と記者が感想を述べていたバルへ。『La Viña del Ensanche』(ラ・ビーニャ・エンサンチェ)は、お店の雰囲気も料理も、たっぷりと楽しめる老舗バルです。

【バスク地方】KAÑABIKAÑA Craft Beer Shop(カニャビカニャ クラフトビア ショップ)今っぽい、サン・セバスティアンの新市街地にあるクラフトビールの情報発信基地的タップルーム@San Sebastian, Spain

遠くまで来たのだから、そこでしか飲めないクラフトビールが飲みたい!『KAÑABIKAÑA Craft Beer Shop』(カニャビカニャ クラフトビア ショップ)は、全クラフトビールファンの願いをサン・セバスティアンで叶えるタップルーム。

【バスク地方】CASA Vergara 1948(カサ ベルガラ )陽気なお兄さんが迎えてくれる、昼のみも座り飲みもできるバカリャオとイカ墨のコロッケが美味しい(はずの)バル@San Sebastian, Spain

美食エリア、バスク地方にあって『世界一の美食の街』と呼ばれるサン・セバスティアン。30Km圏内に17店のミシュラン店があるそうですが、私の目的は狭い旧市街地に立ち並ぶシックなバル。まずは、CASA Vergara 1948(カサ ベルガラ)へ。

【バルセロナ】BIER CAB & BIER CAB SHOP(ビアキャブ&ビアキャブショップ)ボトルショップ併設のオシャレでコジーなクラフトビアバー@Barcelona, Spain

夏休みで10日間スペインへ!!もちろん、どの国に行っても美味しい地元料理とワイン、そしてクラフトビール探しは外せません!思ったよりビアパブの少ないバルセロナで最初にお邪魔したのは、ボトルショップもある『BIER CAB』(ビアキャブ)です。

【群馬】嬬恋高原ブルワリーレストラン(TSUMAGOI KOGEN BREWERY)夏の避暑に是非含めたい、甘いキャベツと冷たいクラフトビール@嬬恋村, 軽井沢

軽井沢駅から清涼感溢れる白糸の滝や、ゴツゴツした岩が壮観な鬼押し出し園を超えて車で来ること約50分。キャベツで有名な嬬恋村に、『嬬恋高原ブルワリー』併設のレストランがあります。自家醸造のクラフトビールはもちろん、地産地消のこだわりの食材が楽しめます。

【ワークショップ】永代ブルーイング 工房、Tap Room & おかずバル その3:クラフトビールの醸造を体験する@東京, 茅場町, 水天宮前, 八丁堀

永代橋のふもとにある永代ブルーイングで、『レシピから学べる!ビールを一緒に作ろう!〜醸造体験〜』に参加してきました!「美味しければOK!」…で、今まではあまり深く知ろうともしなかったクラフトビール造りですが、かなり興味が出てきましたよ!

cafe CLUB KEY 鹿島田店(カフェ クラブ キー カシマダ)南加瀬 鍵屋ブルワリー直営の英国パブで、ビールとFish & Chips!@神奈川, 鹿島田, 新川崎

本場英国のパブ文化に触発されてスタートした『鍵屋ブルワリー』。そのクラフトビールの直営店が鹿島田にある『Cafe CLUB KEY』(カフェ クラブ キー)です。ローカルな駅の細い道にあるそのブリティッシュパブでは、美味しいクラフトビールとフィッシュ&チップスがいただけます。

Brimmer Beer Station Kuji(ブリマービアステーション 久地)2011年創立の川崎の地ビール「ブリマー・ブルーイング」を昼飲みで@神奈川県, 久地

スコット・ブリマーさんが2011年に創設した『Brimmer Brewiing』(ブリマー・ブルーイング)のクラフトビールが飲める『Brimmer Beer Station Kuji』(ブリマー・ビアステーション 久地)。駅から離れている醸造所ではなく、駅前で手軽に飲めるのはいいですね。

籠屋 たすく(カゴヤタスク)老舗の酒屋が経営する素敵なレストランで、籠屋ブルワリーのクラフトビールを並べてみた@東京, 狛江, 和泉多摩川

クラフトビールクロールの2軒目は、明治35年創業の酒屋が営む狛江の『籠屋たすく』。『籠屋ブルワリー』のオリジナルビールと選りすぐりの日本酒をそろえる『発酵』をテーマにした和風モダンなレストランで、クラフトビール11種類とランチセットをいただいてきました。

上に戻る