以前、クラフトビールの醸造体験をさせていただいた『TOKYO ALEWORKS』(トーキョーエールワークス)に併設されている『TOKYO ALEWORKS TAPROOM』(トーキョーエールワークスタップルーム)に、再びお邪魔してきました。夜の営業時間は初めて。

以前は日が高いうちにお邪魔したので、とても明るくて開放的な雰囲気だったのですが、果たして夜はどのような感じなのでしょうか。

ときは折しも、ラグビーワールドカップ真っ只中

この日は友人と仕事終わりに店内で待ち合わせをしていたのですが、カウンターはすでに満席でした。

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークスタップルーム)

この日はラグビーワールドカップの3位決定戦!

『TOKYO ALEWORKS』(トーキョーエールワークス)のスタッフには英国出身の方がいるので(イングランドか、スコットランドか、ウェールズなのか…どこのお国かは私は存じ上げないのですが)、店内の大きなモニターではニュージーランドとウェールズの試合が流れていました。

自分も英国は好きなのですが…ニュージーランドにワーキングホリデーで滞在していたことがあり特にオールブラックスはかの国では絶大な人気を誇るので、今日はニュージーランドびいきで(余談ですが、ニュージーランドのナショナルサッカーチームは「All White」と言います。これ言うと冗談だと思われるのですが)。反対に店内は何となく、ウェールズ優勢のときに歓声があがっているような。

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークスタップルーム)

以前来たときと比べて、お店の内装にも変化が。ちょっとずつ進化している感じ。壁のモチーフは『CRAFT』かな?

オリジナルのクラフトビールは11種類から16種類へ

約半年前に『TOKYO ALEWORKS TAPROOM』(トーキョーエールワークスタップルーム)にお邪魔したときはオリジナルのビールは11種類でしたが、今回は16種類にパワーアップ

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークスタップルーム)

一杯目は「ジュニアーズ クリームエール」。クリアな色味も味も美しい…

オリジナルのクラフトビールはパイント(473ml)は1,100円(税込)、ハーフパイント(260ml)は700円(税込)です。どちらのグラスにもロゴが入っていて素敵です。黄色に映える色でニクイなぁって思ったけれど、黒ビールではちょっと見えなかった(笑)。

『TOKYO ALEWORKS TAPROOM』(トーキョーエールワークスタップルーム)のクラフトビールのメニューには細かい説明や想いの丈は綴っていない無いのですが、ビールの種類(色味)とアルコール度数(ABV)、苦み(IBU)、そしてマリアージュなフードが一目で分かるようになっています。

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークスタップルーム)

お次は酔っぱらう前に、大好きな黒ビールを。

この日は大好きな黒いビールは一つだけでしたので、無くなる前に…と早いうちに頂きました。『ブラウスダ デュー』はアルコール度数は4%と軽めですが苦みは31とまずまず高めでちょっと変わった感じのドライスタウトでした。

そのほかにも、抹茶だったりアプリコットだったりと、名称だけでどんな味か予測するのも楽しいビールが並んでいます。

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークスタップルーム)

まさに「きれいなビール」である、TOKYO ALEWORKSのオリジナルビール。

おつまみには英国のパブフードを

ランチはアメリカンなバーガーがメインでしたが、夜の営業時間には英国のパブフード的なメニューも並びます。

残念ながらフィッシュ&チップスは無かったので(「フィッシュクリーム&チップス」という似て非なるものはあり)、負けずに英国パブで食べていた二品をチョイス。

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークスタップルーム)

英国パブフードの代表格、『シェパーズパイ』。

Wikipediaには「シェパーズパイ(英: shepherd’s pie)またはコテージパイ(英: cottage pie)とは、マッシュポテトで作るパイ皮と牛肉(または羊肉)で作るイギリスのミートパイ」とあるのですが、私はパイ皮が入っている「シェパーズパイ」を食べたことがありません。また、「シェパーズパイ」と言われたら「羊肉」だと思っていました(いずれが正しいのかは?)。

『TOKYO ALEWORKS TAPROOM』(トーキョーエールワークスタップルーム)の『シェパーズパイ』は期待通りのパイ皮無しで、そしてたっぷりのマッシュポテトがビューティフルです。ビールにも合うオススメの一皿です。

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークスタップルーム)

こちらも英国パブ王道の『ハギス』。

そして、見つけると食べずにいられない『ハギス』も。希望を言えばウイスキーはもう少しかけてくれなくちゃ…と思ったのですが(笑・「もっと」って言ったけれど無駄でした)、チーズがかかっていたりと味のバリエーションはバッチリ。本場物のハギスは日本ではなかなか食べられないものなので…これはこれで。

(「本場物のハギス」については、以下の記事をご覧ください)

The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)その2:バーンズ・ナイト=本場の『ハギス』で偉大な詩人を称えよう!

自家製のクラフトビールの種類と美味しさもさることながら、英国パブフードを楽しめるという私には1粒で二度おいしい、クラフトビアバーなのでした。

ごちそうさまでした!また来ます!

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークスタップルーム)

スポーツ観戦していた皆さんのマナーが良くて、想定外にも落ち着いた感じでした。

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークスタップルーム)

モニターで映し出されるビールメニューは、正直あまり目に入らない…(紙のメニューもあって、とても嬉しい!)

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークス タップルーム)の私的評価

おひとりさま度
★★★★★今回は女性二人でしたが
カウンターの居心地
☆☆☆☆☆
ビールの種類
★★★☆☆この日はすべてオリジナルビール!
お料理
★★★★☆久しぶりのブリティッシュフードが嬉しい
Fish&Chips
☆☆☆☆☆
リピーター度
★★★★☆次回は是非カウンターに

TOKYO ALEWORKS TAPROOM(トーキョーエールワークス タップルーム)の情報

公式サイト
Tokyo Aleworks TAPROOM
ネット予約
公式サイトからフォームで
タップ数
16タップ
本日のビール
公式サイトでチェック!
ハッピーアワー
無し
ひるビ(昼飲み)
可(11時半から。平日はランチタイム、土日は通し営業)
晩酌セット
無し
テイスティングセット
有り(オリジナルビール 1,500円税込、ゲストビール 1,600円税込)
カウンター
6席/約40席
電源(コンセント)
有り
ライティング
明るめ
チャージ/御通し
無し
禁煙/喫煙
禁煙
住所
東京都板橋区板橋1-8-4 板橋Cask Village 1階
東京都板橋区板橋1-8-4 板橋Cask Village

こちらの情報は記事作成/更新時点のものです。休日・営業時間・その他、公式サイトで確認をしてからお出かけください

関連情報