バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)本場のパブとここが唯一違う印象なのは、店内が外からクリアに見えること…

少し前に来たばかりのThe Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)に再訪です。

The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)では、頻繁にイベントを催していますが、参加するのは今回が初めて。

今夜は、バーンズ・ナイトです(本来は1月25日ですが、イベントは27日に行われました)。しかし…上手ですね、手書きのイラスト(笑)。

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)イベント前から、お店はぎゅうぎゅう

イベント開始まで、ビール飲むべし、パブフード食べるべし!

バーンズ・ナイト@The Royal Scotsmanの開催は、だいぶ前にFacebookで知ったのですが、前回来たに勢いで、予約をしていったのでした。予約しなくても参加できるイベントなのですが、座って食べたいなぁと思って。

イベントは19時からとのことなので、まずはビールとフードを一品。

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)常陸野ネストとのコラボビールをパイントで!

『英国スタイルのエール系』『パブのビール=ビター』『イギリスの伝統的なビール』『飲めるのは当店だけ』のフレーズに引き寄せられて選んだ『オリジナル・ビター』は、度数が3.6%ということもあって、軽く飲みやすくてゴクゴク行けます。

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)こちらは豚肉!まずは腹ごしらえ!

フードは食べたことのなかった、やんちゃ豚のロースト(1,300円 税込)。イギリスのパブでは絶対ないよね~という感じのバルサミコの味がする濃いめのソースが美味しいです。本場と違って、塩と胡椒で仕上げる必要はありません(笑)

そして、ハギスに備えての2杯めは、久しぶりの『よなよなリアルエール』で。

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)2杯めもパイントで頂いちゃいましょう。よなよな!

ハギス!ハギス!ハギス!!!

ハギスをご存知ですか?

茹でた羊の内臓(心臓、肝臓、肺)のミンチ、オート麦、たまねぎ、ハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めて茹るか蒸したプディング(詰め物料理)の一種である。
(省略)
こってりしており、スコッチ・ウイスキーとともに供せられる。ウイスキーを振りかけて食べることも多い。1月25日の「バーンズ・ナイト(Burns’s Night, スコットランドの詩人ロバート・バーンズの誕生日)」ではバグパイパーに率いられた一団によりハギスとウイスキーがもたらされ、バーンズの作詩した『ハギスに捧げる詩』(Address to a Haggis) を歌い上げる儀式を執り行い、伝統的なメインディッシュとして供される。
引用元: Wikipedia:ハギス

私がこの料理を初めて食べたのは、狂牛病にざわついていた頃、留学していたロンドンのパブでした。「牛の内臓は食べないほうがいいぞ!」というのはなんとなく聞いていたので(とは言え、今のようなニュースソースはなく、聞きかじりの英語でどこまで正確に解っていたものか…)、じゃぁ羊ならいいだろうってことで、興味本位で口にしたのが始まりです。

結局、フィッシュ&チップス、キドニー・パイ、ヨークシャ・プディング等と並んで、大好物になったのですが、残念ながら日本ではハギス(簡易的なものを含めて)を食べられるパブは少なくなってきたようです。

The Royal Scotsman(ザ・ロイヤル スコッツマン)

The Royal Scotsman(ザ・ロイヤル スコッツマン)こちらはいつもの、ハギス。腸詰ではなくお鍋で作られてるんじゃないかな

Wikipediaを読むと、各国の首相がジョークに使うほど嫌われている…というか、恐れられているみたいですが、私個人はベジマイトやマーマイトのほうが、お近づきになれない感じです。

ハギスだけじゃない!イベントそのものが本場スコットランド風!

しばらく、友人と英国&パブ&ビールトークなどしつつ待っていると、バグパイプの音が!時刻はちょうど19時。

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)バグパイプの音が聞こえてきたと思ったら!(笑)

なんか、うやうやしくバグパイプの後に掲げられているものがありますよ(笑)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)これが、羊の腸だ!

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)ハギス自体をそう思ったことないんだけど、結構グロい?!

よく、牛肉はいろいろな部位を食べたりしますが…似てる(当たり前かぁ…)。

本場スコットランドのバーンズ・ナイトの説明通りに、バグパイプの音の後は事前に各自に配布されていた、バーンズの作詩した『ハギスに捧げる詩』(Address to a Haggis) の詩の朗読です。すみません、この間私は、笑いが止まりませんでした…。

そして、これまたスコティッシュが持ち歩く刃先の短いナイフで、ずばっと切り裂きます!!…絞り出すのも、本式?!

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)これがハギスだ!!…と言ったら、食わず嫌いが増殖しそうです

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)一人ずつ取り分けてもらいます。ウイスキーは、LAPHROAING 10

前もって、一皿500円(税込)でチケットが配布されていたので、順番にハギスに近づくと、ポテトを添え、ウイスキー『LAPHROAING 10』をかけたハギスを受け取ります。

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)実は私が食べたのはこちら。同じ味だったのか、気になる…

因みに、ウイスキーはどんなのが良いのか聞いてみたら、スモーキーなものの方が合うとのこと。

私はのんびり、写真を撮ったりして遊んでいたので一つ目がなくなり、少し小ぶりな二つ目をいただきました。いつものハギスより、ちょっと少なくてお行儀も悪い感じですが、美味しい!

しっとり感がまず違う!いつものものよりオイリーというか、甘味と湿度がある感じです。欲を言うなら、もっとウイスキーかけたかったな…そして、二皿にするんだった!と、後悔の嵐(笑)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)

バーンズ・ナイト in The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)美味しいですよ!ハギス!!

The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)の私的評価

おひとりさま度
★★★★☆ちょっとカウンターの席数が少ないんですよね
カウンターの居心地
★★★☆☆イベントの時は上から見えて、いいかも、カウンター
ビールの種類
★☆☆☆☆ウイスキーも楽しみたいお店です
お料理
★★★★★本場パブフードをおひとりさまでも
Fish&Chips
★★★★☆スモールサイズも本格的!
リピーター度
★★★★☆席が空いているか確認して伺います

The Royal Scotsman(ザ・ロイヤルスコッツマン)の情報

公式サイト
神楽坂のビストロパブ【ザ・ロイヤルスコッツマン】
タップ数
6タップ
本日のビール
blogでチェック!
ハッピーアワー
有り(平日の17時~19時)
ひるビ(昼飲み)
不可
晩酌セット
無し
テイスティングセット
無し
カウンター
5席/全30席(スタンディングを含む)
電源(コンセント)
無し
ライティング
落ち着いた明るさ
チャージ/御通し
無し
禁煙/喫煙
禁煙
住所
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3-6-28
東京都新宿区神楽坂3-6-28

こちらの情報は記事作成/更新時点のものです。休日・営業時間・その他、公式サイトで確認をしてからお出かけください

関連情報