マイクロブルワリー訪問では初の群馬県。温泉地である水上にある『OCTONE BREWING』にお邪魔してきました。

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

水上駅はきれいでモダンな駅舎と、徒歩4分ほどの場所にある『水上駅SL転車台広場』が特徴です。

台風が迫る水上温泉

JR上越線の水上駅に到着したのは、台風が迫る夏休みの土曜日の13時過ぎでした。水上は温泉地なのでもう少し賑やかな駅前を想像していたのですが意外に静か。そして空が怪しい💦

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

SLで有名な水上ですが、この日は見られず。代わりに…という訳ではないですが、線路に沿って歩いて『水上駅SL転車台広場』まで行ってみたり。

『水上駅SL転車台広場』や駅前のお土産屋さんで少し時間を潰したものの、駅からタクシー(3分ほど)で『OCTONE BREWING』に向かいましたがそれでも開店の13分前でした。

そこで、『OCTONE BREWING』から歩いてすぐの『湯原温泉公園』(ユハラオンセンコウエン)の足湯に浸かって時間調整をしてみたり。足湯はもともと大好きなのですが、少し熱めのお湯にさっと入っただけで、足が軽くなるから不思議です。

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

『湯原温泉公園』にある足湯。公園というより、足湯のための場所…という感じの広さ。

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

右手が醸造所、タップルームはこちらの扉から入ります。天気が良い時の写真を見ると、アウトドア用のチェアがお店の前にあったりと良い雰囲気

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

お店の前にはキュウリとトマトが!暑いときに冷えたキュウリ食べると、身体が適度に冷えて良いんですよね。

奥利根、OKUTONE、OCTONE → オクトワン

連れと3人でちょろちょろとしていたら、14時少し前にお店の扉が開きました。この日一組目の3人組は迷わずタップ前のカウンター席へ。

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

ライトブラウンが基調の店内。

この日は6種類のクラフトビールとシードルがつながっています。グラスは700円~800円、それより小さなグラスは500円~600円(税込)です。

  • オクトネ・エール [OCTONE BREWING] American WHEAT ALE 5%
  • ヤマビト・エール [OCTONE BREWING] PALE ALE 5.5%
  • モリノ・ポーター [OCTONE BREWING] PORTER 4.5%
  • アップストリーム・IPA [OCTONE BREWING] IPA 6.5%
  • カヤバ・セゾン [OCTONE BREWING] FARM HOUSE ALE 5.5%
  • ゆ・ゾン [OCTONE BREWING] FRUITS SEISON 5.5%
  • ミヤマ・サイダー(シードル)[OCTONE BREWING] 5%
OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

左から、オクトネ・エール、ヤマビト・エール、モリノ・ポーター、アップストリームIPA。

並べて眺めて、ああ、綺麗だなぁなんて思ってしまうクリアさ。個人的にはモリノ・ポーターとアップストリーム・IPAが好き。

ところで、私はずっと『OCTONE』を『オクトン』と読んでいたのですが、道中友人が『オクトワン』と発音したのを聞いて「ああ、声に出さなくて良かったなぁ」なんて思っていたのです。

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

後ろ姿も美しいブルワーの奥さま。旦那さまとは神奈川で知り合い、クラフトビールを造るために旦那さまの地元である水上に戻ってこられたとか。

しかもビールを注いでくださるブルワーの奥さまとの話の中で「奥利根(おくとね)」と聞いてやっと「あ!OCTONEってOKUTONEが語源なんだ!」って気づいた愚か者です(笑)。あまり予習しない主義なのですが、少しは調べろよ…と自分でツッコミせずにはいられません。

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

カウンター席は6席。奥には醸造所が見えます。

みなかみのクラフトビール・オクトワンブルーイング

あっと言う間に4杯飲みほして2巡目へ。

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

左から、カヤバ・セゾン、ユ・ゾン、そしてシードルのミヤマ・サイダー。

この日、新鮮な驚きがあったのは地元で収穫されたリンゴを使ったというミヤマ・サイダーです。「驚くほどヘイジーでしょ」と奥さまが言う通り見たことのない濁り。いや、白濁?

なんでも、果汁にする作業がとても大変で搾っても搾っても終わらなかったとか。「キラキラじゃない、カントリースタイル」で(笑)、アルコール感が薄めでフレッシュなリンゴジュースのようでもあります。でも甘すぎるとかも無く…とても飲みやすい一杯です。美味しい!

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

『コーンチップス&サルサソース』。手が止まらなくなる💦

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

『イワナの燻製』は結構大きい!

『イワナの燻製』は「どこで捕れたのかはわからないけれど」と、醸造しているご主人の地元のお友だちのところで加工していることを教えてもらったり、水上に戻ってきたご主人と嫁いで来た奥さまのみなかみに対する想いが伝わってくるエピソードを伺ったりと、とても楽しくクラフトビールを味わいました(このあとお気に入りの3種類を追加でオーダーしている)。

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

外から覗いた醸造施設。小さい設備だけど7,8種類常時あるのはすごいなぁ。

私たちがお邪魔している1時間半、店内には気軽にクラフトビールを楽しむ地元の人、ちょっと遠くから来た顔見知りの人、そしてボトルビールを買いに来た人など出入りが途切れることはありませんでした。

ちょっと来るには手間がかかるけれど、また是非来たいお店です。プラカップ販売しているので、それを持って足湯に行っていいし、温泉地ですしこの辺で一泊してもいいですよね!

今回の大人の遠足まとめ:マイクロブルワリー を訪ねて(4)オクトワンブルーイング→シンキチ醸造所

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

美味しいクラフトビールをありがとうございました!

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

カウンター席のほかには2人掛けソファと…

OCTONE BREWING(オクトワン ブルーイング)

2人用テーブル席があります。天気が良ければ、アウトドアチェア席も(多分)。

OCTONE BREWING(オクトワンブルーイング)の私的評価

おひとりさま度
★★★★★近所にあったならなぁ…
カウンターの居心地
★★★★★奥さまとの会話が楽しい!
ビールの種類
★☆☆☆☆オリジナルビールは6~8タップ
お料理
★★☆☆☆タップルームなので軽食です
Fish&Chips
☆☆☆☆☆
リピーター度
★★★★☆是非、また行きたい!遠いいけど…

OCTONE BREWING(オクトワンブルーイング)の情報

公式サイト
オクトワンブルーイング | 群馬県水上温泉のビール
ネット予約
※予約不可
タップ数
8タップ
本日のビール
Facebookでチェック(新開栓情報)
ハッピーアワー
無し
ひるビ(昼飲み)
可(土日祝は14時から)
晩酌セット
無し
テイスティングセット
3種で1,200円(税込)
グロウラー対応
可(持ち込み可・販売あり、プラカップも可)
カウンター
6席/10席
電源(コンセント)
無し
ライティング
昼間は自然光(夜不明)
チャージ/御通し
無し
禁煙/喫煙
禁煙
住所
〒379-1617 群馬県利根郡みなかみ町湯原702-2
〒379-1617 群馬県利根郡みなかみ町湯原702-2

こちらの情報は記事作成/更新時点のものです。休日・営業時間・その他、公式サイトで確認をしてからお出かけください