INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)タンクの前に地下に下りる階段があります

行こう、行こうと思いつつ長く来ることができなかったお店の一つ、『INAZUMA Dining』(イナズマダイニング)に、土曜日の夜行ってきました。

暗くなってからお店の前に着いたのですが、お店が何階にあるかを確認していなかったのでちょっと入り口を探してしまった…。横に回って醸造設備を眺めたりしたのですが雨が降っていたせいもあり、六本木とは思えないほど辺りが暗くて、静かで、より一層銀色のタンクの存在感が増している感じでした。

六本木の大通りから一歩入った、大都会のクラフトビール醸造所

六本木の交差点を六本木5丁目方面に進むとドン・キホーテ六本木店などがありますが、そのドン・キホーテの2本先の道を左に入ると、Inazuma Beer(イナズマビアー)の文字と銀色に光る醸造タンクのある白い建物が見えてきます。

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)六本木とは思えない、静かな通りに銀色のタンクが輝きます

先ほどまで歩いていた大通りとはまったく様相が変わった静かな通りです。明るい時に見ればまたイメージも変わると思いますが、周りに居た人はどこに消えたのか?!と思うほどの別世界(六本木1丁目から歩いて来ると、ずっと静かな住宅地という感じですが…)。なんでもこの建物は10年近くも廃墟と化していたものを、Inazuma Beer(イナズマビアー)の女性の醸造責任者の方がご自身の想いを叶えるのにぴったりな場所だと感じ、醸造施設とそこでできたクラフトビールと食事が楽しめるダイニングに生まれ変わらせたそうです(ああ、廃墟の時に見たかった…!)。

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)暗いなかでも銀色のタンクがぴかぴか光っています!

オリジナルのクラフトビールは2種類。美味しいお料理と一緒に楽しみます

白い建物の地下には狭いながらもお洒落な『INAZUMA Dining』(イナズマダイニング)があります。カウンターは6席。この日はお一人一番奥に座っていらっしゃったので、いつもの通りビールサーバーの前に陣取ります。

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)オリジナルクラフトビールの『稲妻』。オリジナルビールとしては第5弾だそうです

  • 稲妻 [Inazuma Beer] IPA 5.8%
  • ガトーショコラスタウト [Inazuma Beer] Stout 5.5%
  • SAISON [SHIKI BEER] Saison 6.5%
  • フルーツパーラー [南信州ビール×箕面ビール] Fruit Ale 7.0%
  • Triple IPA [MARCA] Triple IPA 9.5%
  • インペリアルスタウト 2014 [大山Gビール] Imperial Stout 9.0%
  • Rustique [Larvig] IPA 6.0%
  • Dark Star Imperial Oatmeal Stout [FREMONT] Oatmeal Stout 8.0%

クラフトビールはどれもワンサイズのみで、750円から。

最初の一杯はもちろんオリジナルビールの『稲妻』をいただきます。グレープフルーツの苦味の効いたIPAで、香りもとても良いです。出てきたグラスがちょっと想定外。グラスはビールのスタイルに合わせて提供されるそうです。こういったお店のこだわりもイイですね。

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)『本州鹿のリエット』(580円)は胡椒が効いていてビールが進みます

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)『3種の食感のポテトサラダ』(580円)。結構ボリュームあります

この日頼んだフードはこの2つです。15時過ぎに中途半端にクラフトビールを楽しんだ上、食事をしていたので(もちろんランチも食べていたり…)少し軽めに選びました。

大好きな鹿肉ですが、リエットは初めてでしょうか。塩味ではなく胡椒が効いているのが美味しいです。

ポテトサラダを食べてみて、2種までは何かわかったのですが、残りの1種がどれを指しているのかわからない…お店の方に質問して解決したのですが、特にクリーム状のポテトの部分が美味しかった!

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)南信州ビールと箕面のコラボビール。爽やかでかなりお気に入り

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)大山Gビールの『インペリアルスタウト 2014』。2014年ものだから、飲んでおかないと!

ビールも次々いただきます。南信州ビールと箕面のコラボの『フルーツパーラー』は、度数7%を感じさせない、でも軽くもないフルーツエールです。日頃フルーツタイプのビールってあまり飲まないのですが、『南信州』と『りんご』、『箕面』と『桃』と聞くとなぜか飲まずにはいられなくなるんですね。結構、お気に入りです。

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)Larvigの『Rustique』。ノルウェーのクラフトビールです

Larvig(ラーヴィグ)のRustique(ルスティック)はシャルドネ樽で熟成されたというだけあって、結構酸味を感じるフルーティーなノルウェーのビールでした。実はこれがこの日の最後のビールだったのですが、お店に忘れ物をしてしまって…また、2日後に再訪。

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)SHIKI BEERの『SAISON』(セゾン)。喉に重く甘にが残る、サワーゆるめのセゾン

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)MARCAの『Triple IPA』。MARCAって初めてじゃないかな?苦味は弱め、香りがフルーティー

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)FREMONTの『Dark Star Imperial Oatmeal Stout』

来たからには食べるし、飲むのですが…SHIKI BEERのセゾンは酸味がゆるくって美味しかった!(実は、酸味がありすぎるのがちょっとだけ苦手)それにFREMONT(フリモント)のインペリアルオートミールスタウトは、チョコレートのようなふくよかさがありつつ、甘すぎない、にがすぎないで、絶妙のバランス。

一緒にいただいていた、『本州鹿とナスのステーキ 西洋わさびのソース』(1,080円)ともあって、とても美味しかったです。

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)これがとにかく美味しかった!庭に西洋わさびを植えようと思うほど!『本州鹿とナスのステーキ 西洋わさびのソース』

グロウラーでのテイクアウトも!自宅で楽しむInazuma Beer(イナズマビアー)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)もちろん、出来れば素敵な店内で飲みたいのだけれど…持ち帰りできるのは嬉しい!

クラフトビールのラインナップも、お店の雰囲気も、お料理もとても素敵な『INAZUMA Dining』(イナズマダイニング)ですが、オリジナルビール2種類のお持ち帰りもできます。

実は昨年の暮れにクラウドファンディングをされていて、リターンがグラウラー(グロウラー?どちらが正しいのかしら???)で気に留めていたものの、すっかり申し込むのを忘れていたんですよね。最近また、グラウラーに興味を持っていたので、帰宅後にいただく風呂上りのビールとして1周年ビールの『ガトーショコラスタウト』を500ml入れていただいてお持ち帰りしてしまいました。

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)1リットルのグラウラー。ハイキングとかお散歩に持って行きたい!

グラウラー(1リットル)は6,000円(税抜)で、オリジナルビールであれば1リットルを2,500円(税抜)で入れていただけます。私は飲みすぎ禁物なので半分にしてもらっちゃいましたが…。グラウラーの扱い方には個人的にもっと工夫が必要だと思いましたが、お持ち帰りビールができるお店が増えたら嬉しいですね。(保証金3,000円(税込)でレンタルもできます

小さなお店なのにタイミングがよくで2日ともお店の方やほかのお客さんと楽しくおしゃべりしながらビールを楽しむことができました。

六本木には先日『ガンブリヌス六本木』もオープンしましたし、『アントンビー』もありますし、FUJIFILM SQUARE(カメラがFUJIFILMなのです)もあるしで、来る機会が増えそうです。

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)入り口近くの2人席×2

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)一番奥の4人席。モザイク調のテーブルがお洒落です

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)

INAZUMA Dining(イナズマダイニング)入り口近くをよく見ると、グロウラーが飾ってある(笑)

Inazuma Dining(イナズマダイニング)の私的評価

おひとりさま度
★★★★★一人でも入りやすいお店です
カウンターの居心地
★★★★☆おしゃべりするもよし、ぼーっとするもよし
ビールの種類
★★☆☆☆多くはないですが、ラインナップがいいです
お料理
★★★★☆鹿とナスが美味しかった~
Fish&Chips
☆☆☆☆☆
リピーター度
★★★★☆六本木で梯子酒!六本木一丁目駅も使えます

Inazuma Dining(イナズマダイニング)の情報

公式サイト
Inazuma Beer|Dining
タップ数
8タップ
本日のビール
Facebookでチェック!
ハッピーアワー
無し
ひるビ(昼飲み)
可(火~金は11時半、土曜日は14時から)
晩酌セット
無し
テイスティングセット
無し
カウンター
6席/全18席(ウッドデッキ席を除く)
電源(コンセント)
無し(お願いしたら充電させてくれました)
ライティング
暗め
チャージ/御通し
無し
禁煙/喫煙
禁煙
住所
東京都港区六本木3−6−9 イチベエビルアパートメント地下1階
東京都港区六本木3−6−9 イチベエビルアパートメント

こちらの情報は記事作成/更新時点のものです。休日・営業時間・その他、公式サイトで確認をしてからお出かけください