Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

最近では一番のお気に入りアフタヌーンティースポットであるコンラッド東京の『Twenty Eight』(トゥエンティエイト)に、ハロウィーンのあと登場した、『ウィンター・ドリームズ・オブ・パールズ・アフタヌーンティー(Winter Dreams of Pearls Afternoon Tea)』に早速行ってきました。

『Twenty Eight』(トゥエンティエイト)での冬のアフタヌーンティーは実は2回目。去年は『ホワイト・クリスマスアフタヌーンティー』(White Christmas Afternoon Tea)でしたので、「あれ?今回はクリスマスじゃないの?」という印象でしたが…さて。

トゥエンティエイト/コンラッド東京のアフタヌーンティープラン一覧【一休.com】

コンラッド東京の『Twenty Eight』(トゥエンティエイト)とコンラッドベア

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 26階のホテルのロビーフロアまでは、1階のエントランスから直通エレベーターで

今回の予約時間は13時半。少し前にフロントデスクの前にあるベンチに座っていると、『Twenty Eight』(トゥエンティエイト)のスタッフの方が声をかけてくださいました。前回の『Strawberry Royal Wedding Afternoon Tea』のときには少し放置され若干怒りが入っていましたが(笑)、やはりあの時は急なスタッフのお休みなどがあり大変だったに違いない…!と(笑)

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 今回はオペラハウスで言えば、ボックスシート?的、ちょっと視線が高いスペースです

席に通していただくと、驚いたことに過去2回と違う席でした。『Strawberry Royal Wedding Afternoon Tea』のときは入り口入ってすぐの窓際、その前の『ホワイト・クリスマスアフタヌーンティー』(White Christmas Afternoon Tea)のときは二人で並んで座るテーブル席、そして今回はそのテーブル席の後ろにある、少し高い位置にあるカウンター席でした。

なんか眺めが違うのって楽しい…まさか偶然ではなく、違う席を案内してくれている…わけではないですよね?!

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 そして今回出迎えてくれたコンラッドベアは、山吹色と若草色の、和っぽいような、ハワイアンぽいような子です

2018年の冬は『ウィンター・ドリームズ・オブ・パールズ・アフタヌーンティー』(Winter Dreams of Pearls Afternoon Tea)

毎回テーマごとに可愛らしいスイーツ&セイボリーを見せてくれる『Twenty Eight』(トゥエンティエイト)ですが、今年の冬のテーマは『ウィンター・ドリームズ・オブ・パールズ・アフタヌーンティー』(Winter Dreams of Pearls Afternoon Tea)です。ものすごーくメルヘンで、いつになく抽象的ですが(笑)まずはいつもと同じく乾杯の一杯から。

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 少し高いところにある席なので、窓まで視界が開けていて、他の方がいるのがあまり気になりません

今回は…というか、コンラッド東京ではいつも通りのスパークリングワイン付きです。『De Bortoli Lorimer』(デ・ボルトリ ロリマー)というちょっと甘みが強いオーストラリアのワインでした。そして、スパークリングの後に出てきたのはスコーン。

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 まずはスコーンから。いつもと同じサイズの四角いスコーンです

今回のスコーンはプレーンとホワイトチョコチップです。クロテッドクリームの横にあるのは甘すぎず意外とさっぱりと美味しくいただけるアップルシナモンジャム。ホワイトチョコチップのスプーンも、「ホワイトチョコレート」で連想していたよりは甘さ抑え目です。

ものすごく正直に言えば、スパークリングと一緒にセイボリーが食べたいな…(スコーンではなく)…であったので、少し残しつつ紅茶をオーダー。

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 いつものたっぷりとした白いティーカップで紅茶はサーブされます

『Twenty Eight』(トゥエンティエイト)では、ブラックティー、ハーバルティー、フレーバーティー、ルイボスティー、コーヒーカフェラテなど25種類ほどのお茶が種類を変えて何杯でも楽しめます。個人的にはトラディショナルな紅茶が好きなので、この日はいつも通りミルクティーが合うアッサムティーを選びました。

失敗だったのは、ミルクをお願いしたときに「フレッシュミルク」(要するに冷たい牛乳だ!)かどうかを確認するのを忘れてしまい、温めたフォームドミルクが…残念。

雪の結晶や真珠、そして赤いバラをあしらったファンシーなスイーツ&セイボリー

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 冬のアフタヌーンティーは、クリスマスにもぴったりのパールがテーマ

さて、『Twenty Eight』(トゥエンティエイト)でお馴染みの正方形のプレートに乗ったスイーツ&セイボリーです。いつも通り、半分が甘いもの、残りの半分が塩気のあるもの(セイボリー)…と思いきや、今回は若干スイーツが多いようです。でも塩気があるものも含めて、すべて白や淡いピンクに覆われてとても可愛らしいです。

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 席に座ったときから気になっていた、いつもはない小さな器は…?

  • パールフロマージュブランムース
  • 塩キャラメルマカロン
  • ホワイトチョコレートタルトラズベリー風味
  • オニオンムース イカとからすみトッピング
  • ホワイトパールヴェリーヌ
  • ホワイトチョコチップカップケーキココナッツクリーム添え
  • 米粉バンスの和牛 バーガーアリサソース
  • ホタテとマッシュルームのクリーム煮 フルーロン添え
Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 銀色と白やピンクのアラザンは自分たちでトッピングします

『ウインター…アフタヌーンティー』なのでタイトルに『クリスマス』が無いのですが、クリスマスシーズン中もこちらのテーマということで雪の結晶や振りかけるアラザンがツリーのオーナメントのようでもあり、クリスマスっぽくもあります。

まずは、少し残しておいたスパークリングワインと最初のセイボリー『オニオンムース イカとからすみトッピング』をとても美味しくいただきました。自分の希望だけを言えば、半々よりも少しセイボリーが多いと嬉しいな…なので今回は少しだけ残念だったかも(?)。

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 セイボリーで一番のお気に入りは『オニオンムース イカとからすみトッピング』

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 当然紅茶もたくさんいただきました!カップなので結構すぐに無くなってしまう…

今回も満足!のコンラッド東京のアフタヌーンティー!雰囲気や景色も楽しんで

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 13時半頃の様子。まだ西日が強くてシェードが下りています

毎回、満足度の高い『Twenty Eight』(トゥエンティエイト)のアフタヌーンティーですが、今回は特に見晴らしがよかったなと思います。

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 日がだいぶ傾いたので、シェードが上がります

なんとなく落ち着くのは窓際のローテーブルですが、日差しを気にせず風景(外も、屋内も)を楽しむなら今回の席は結構良いですね。視界が少し高いだけで、窓とその後ろの風景の印象も変わります。

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 カウンター席の風景。高い空が堪能できます

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 毎回工夫して花が生けられている、左右にアーチ状に組み上げられた花入れ

ホテルでのアフタヌーンティーの良いところは、なんといっても立派な調度や広々とした空間での優雅な雰囲気・ゴージャスを感じられるところ。『The Ritz Carlton 東京』(ザ・リッツ・カールトントウキョウ)のように本場英国の雰囲気が堪能できるところも良いけれど、『Twenty Eight』(トゥエンティエイト)のようにモダンでカッコ良かったり、高層階の抜けた景色が楽しめるのも非日常的で素敵ですね。

トゥエンティエイト/コンラッド東京のアフタヌーンティーをネットでカンタン予約【一休.com】

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 もう少しすると、このエントランスの飾りがクリスマスツリーに替わります

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京

Twenty Eight(トゥエンティエイト)コンラッド東京 もちろん、コンラッドベアは1人1つずつお持ち帰りです♪

コンラッド東京『トウェンティエイト』のアフタヌーンティー私的評価

本格的度
★★★★☆プランにもよりますが、三段トレイに拘らなければ!
居心地
★★★★☆今回は高級ホテルとしては案内が酷かったので一つ減らして
スコーン・食事
★★★★☆小さくはありますが
お茶・飲み物
★★★★☆紅茶がちょっと時間がかかったので…
リピーター度
★★★★★シーズナルな楽しみ方ができますね

コンラッド東京『トウェンティエイト』のアフタヌーンティー情報

公式サイト
バー&ラウンジ トウェンティエイト|コンラッド東京
予約
【一休.com】
時間制限
2時間
ドレスコード
スマートカジュアル
茶葉変更
プランによる
スコーン
小ぶり2種×各1
クロテッドクリーム
クリーミー(クラスト無し)
住所
〒105-7337 東京都港区東新橋1-9-1
東京都港区東新橋1-9-1

こちらの情報は記事作成/更新時点のものです。休日・営業時間・その他、公式サイトで確認をしてからお出かけください

関連情報