暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) 銀座でも比較的静かな(?)通りにあります。

2018年12月末にオープンした、世田谷経堂にあるクラフトビール醸造所『暁ブルワリー』直営のビアバーに行ってきました。

「暁ブルワリー」と言えば、東京駅の構内の『barBar 東京』(バーバー東京)で飲むことができましたが、銀座の旗艦店ということでとても楽しみでした。

「暁タップス」は公式サイトからネット予約ができます!

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) 新しいこともありますが、黒ベースの和風のエクステリアがとってもきれいでカッコよいです!中もつい覗きたくなりますね(笑)

暁ブルワリーとは

暁ブルワリーは『自然とともに歩む』をコンセプトに掲げた、東京の世田谷区経堂で2016年に醸造を開始したスモールブリュワリーです。

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) 暁ブルワリーのロゴマーク入りのコースターとお箸の袋。かっこいいです

2006年に東京駅の黒塀横丁にオープンした『barBar 東京』で、醸造開始以降2~4種類楽しむことができましたが、2018年12月26日に東京のフラッグシップの第1号としてこの『暁タップス 銀座』をオープン、より身近に楽しむことができるようになりました。

また、2019年の秋には岩手県八幡平に新しいクラフトビールの醸造場を新設することが予定されていて、さらに自然を活かしたオーガニックビールを醸造予定だそうです。

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁ブルワリー(Akatsuki Brewery)で製造しているクラフトビール。新醸造設備でどのように進化するのでしょうか

さらに!2019年2月には芝大門に暁ブルワリーの東京フラッグシップの第2号がオープン予定だそうです。こちらのお店は「ビール蔵と炭火」がキーワードとか。楽しみです。

暁タップス銀座は、女子受け間違いなしの素敵なエクステリア&インテリア

和風の素敵なエクステリアを眺めてから引き戸の扉を潜ると、最初に目に入るのは素敵なカウンターとタップです。お、14タップありますね!

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) ぜひ、このカウンターでも飲んでみたい!ひとりのみも楽しみです

今回は友人と3人で訪問なのでカウンター横の4人掛けボックス席へ。奥にはテーブル席が続いています。

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) 予約をすれば大勢でも楽しめそうな奥のテーブル席

照明器具や壁のタンクを形どった鉄(?)のオブジェも全体の雰囲気をかっこよく、そして可愛らしくまとめています。

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) 黒いモダンな照明器具と、それにとてもあっている壁面のオブジェが素敵

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) 醸造タンクも可愛くデフォルメ。白い無機質な壁がオシャレに

6タップの自家醸造クラフトビール

黄金のタップは14個口ですが、この日のメニューは6タップ。

  • 暁ALE [暁ブルワリー] Ale 『スローな気分』
  • 暁WHITE [暁ブルワリー] Ale 『小麦畑の風のような』
  • 暁RED [暁ブルワリー] Red Ale 『暁の海、ここから始まった』
  • 暁BLACK [暁ブルワリー] Black Ale 『静かに眠る北の大地から』
  • 暁BROWN [暁ブルワリー] Ale 『ふるさとを想う』
  • みかんエール [暁ブルワリー] Fruits Beer 『和歌山のひだまり』
暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) ほかにお客さまがいないことを良いことに、我がままを言ってカウンターに並べていただき、写真タイム。ありがとうございました!

Sサイズ(648円~756円税込)なのにロゴが入ったおしゃれグラスにテンションが上がります!

『風景が見えるビール』ということで、残念なことにビールタイプやアルコール度数はメニューに書かれていないのですが、ショルダーコピーがそれぞれ付いています。私が一番好きなのは『暁BLACK』でしたが、「なぜ北の大地?」と思ったら、函館産の有機くりりんかぼちゃが使われているとか。

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) お通しはお野菜のチップス。軽く飲むだけなら、結構これで楽しめますね

クラフトビール×オシャレな和食でマリアージュ

『暁ブルワリー』(あかつきぶるわりー)では、「東北の食の魅力を発信する」として、三陸の牡蠣や魚介、そして「日本食に合う暁ビール」をコンセプトに和食を提供しています。

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) あれば必ず食べるポテサラは、わさび風味でちょっと大人味

『わさび香る大人のぽてさら』(648円税込)は、別添の生わさびをすり下ろしたものを添えながらいただきます。わさび好きなので思いっきり加えて食べたいところでしたが3人でシェアなので控えめに(笑)。それでもわさびの香りがとても良くて美味しいです。量を加減すればお子さんも美味しくいただけます。

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps) こちらはメニューの写真を見て一目で「おしゃれだ!」とオーダーしてしまった逸品

『清流鶏と蕪のカルパッチョ』(756円税込)もさっぱりとしていて、「ちょっと食べたい」ときにぴったりの一品です。

この後、別のお店に移動予定だったため食事は控えめでしたが、食べてみたいメニューが沢山並んでいました。

クラフトビール好きな方にも、新しいビールを楽しむ女子会にもおすすめなお店です。次回は私はお一人さまを楽しむ予定ですが、岩手の醸造所にタップルームができるなら、そちらも是非訪問してみたいです!

「暁タップス」は公式サイトからネット予約ができます!

暁タップス(Akatsuki Taps)

暁タップス(Akatsuki Taps)う~ん、カウンターの椅子の数を数えるのを忘れた…4つか、5つ…かな?!ここで飲みたい!

『暁タップス』(あかつきたっぷす)の私的評価

おひとりさま度
★★★★★外から内部を伺うこともでき、入りやすい雰囲気です
カウンターの居心地
★★★★☆席数は少ないですが、広めでとても素敵
ビールの種類
★☆☆☆☆タップの分だけ増える予定でしょうか…?
お料理
★★★★☆2種類しかいただいていませんが、期待を込めて
Fish&Chips
☆☆☆☆☆
リピーター度
★★★★★女性一人でも入りやすいお店です

『暁タップス』(あかつきたっぷす)の情報

公式サイト
暁タップス(Akatsuki Taps Japan)
ネット予約
公式サイトでカンタン予約
タップ数
6タップ
本日のビール
(記載発見できず)
ハッピーアワー
無し
ひるビ(昼飲み)
可(毎日11時半から通し営業)
晩酌セット
無し
テイスティングセット
無し
グロウラー対応
要確認
カウンター
(多分4席ほど)/全30席
電源(コンセント)
無し
ライティング
普通
チャージ/御通し
540円(税込)
禁煙/喫煙
完全禁煙
住所
東京都中央区銀座6-4-18 マキシ・ド・ピアビル 1F
東京都中央区銀座6-4-18 マキシ・ド・ピアビル 1F

こちらの情報は記事作成/更新時点のものです。休日・営業時間・その他、公式サイトで確認をしてからお出かけください