勘が鈍くて固有名詞の勘違いをよくするのですが、数字から始まりあとはアルファベットだけというのは店名/サービス名としては私でなくても難しくて、マーケティング的にどうなんだ…と思いながら向かったのは、関内駅から徒歩5分ほどのビアバー『29BY』(ニーキュービーワイ)

この日は横浜スタジアムで野球観戦が控えていたので、軽く飲もうと立ち寄りました。

29BYで254Beerで醸造されているクラフトビールを楽しむ

関内駅からの方が近そうでしたが、なんとなく戻るのが嫌で桜木町駅で下車。まだ17時なのに盛り上がっている地下街を抜けて少し日が傾いてきた空の下、大岡川に架かる橋を渡ります。

ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

こじんまりとしている建物。1階がブルワリーの『254BeeR』(ニーゴーヨンビール)で、2階がビアバー/ブルーパブの『29BY』(ニーキュービーワイ)です。

1階の窓にはロゴマークと、小さく『254BeeR』の文字。覗き込むと銀色のタンクが1列に並んでいます。どうやらブルワリー名が『254BeeR』(ニーゴーヨンビール)で、2階にあるビアバー/ブルーパブが『29BY』(ニーキュービーワイ)のようです。

カッコいいマークですが、これはカラパイア?それともビッグホーンかな。いずれにしても、『29BY』(ニーキュービーワイ)で胃の中に入れてしまう動物ではなさそう(笑)。

ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

扉を開けると左側が腰高のガラス張りになっていて、醸造タンクを見ることができます。

ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

醸造タンクを越え右手奥にある階段へ。結構、急ですねぇ。

すべてオリジナルなクラフトビール!

階段を上がるとそこは想像していたよりも少し狭いスペースでした。窓際カウンター席以外はちょっと薄暗くて、明るく光るテレビのモニターが目に飛び込んできます。テーブル席とカウンター席には数人のお客さまがいらしゃるので、私は一番タップに近いカウンター席の端っこに座りました。

「神奈川と海外のクラフトビール」と何かで読んだのですが、本日はすべてオリジナルのクラフトビール!料金はベースは350mlが850円(税込)、260mlが700円(税込)です。

  • はじめのLAGER [254BeeR] LAGAR 5.4%
  • うたたね [254BeeR] HAZY SAISON 6.5%
  • 79Saison [254BeeR] SAISON 6.3%
  • S54 [254BeeR] SAISON 5.2%
  • Summer [254BeeR] BELGIAN PALE ALE 4.6%
  • Ultra Soul [254BeeR] IPA 5.8%
  • 254IPA [254BeeR] IPA 6.5%
ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

最初の1杯は『はじめのLAGER』。ロゴが入ったお洒落な260mlのグラス。

周年ビールだし、名前に「はじめの」が付いているので「飲まないわけにはいかない!」と選んだ一杯『はじめのLAGER』は、ラガーなのに苦みしっかりで、正に夏の暑い日の最初の一杯にぴったりです。スタッフさんが気軽に話しかけてくれたので、クラフトビールが好きで特に最近はマイクロブルワリーが楽しい…なんて話をしつつ、すぐに飲み終わってしまいました(笑)。

ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

もう一つの醸造開始1周年記念ビール『うたたね』。「HAZY SASSION」って初めてかも。

実はFacebookで見た、この『うたたね』が飲みたくて今日はお邪魔したのでした。大好きなヘイジー感はもちろん、柑橘系の味香りが素敵です。「醸造開始1周年記念ビール」ということは、まだ造りはじめて1年なんですよね(当たり前)。なのに、とてもクリアなビールですごいなぁと思ったら、醸造している方は横浜ビールで修行されていたとか。

横浜で飲食店を営むオーナーとクラフトビールを造る醸造長が二人。共に昭和54年生まれなのでブルワリーは『254BeeR』(ニーゴーヨンビール)と名付けたそうです。

ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

タップを横目で眺めつつ、お話を伺いつつの、楽しい時間。

焼き鳥か、馬肉か。それが問題だ

『29BY』(ニーキュービーワイ)野毛にある有名(らしい)馬肉と日本酒のお店『はあと』とオーナーが同じということで、馬肉にはとっても期待していました。刺しはもちろん燻製や串、メンチもあるし焼き鳥も大好きだけど、今日は時間が無いので一皿で満足できそうな盛り合わせをチョイス。

ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

『馬刺し4種盛り合わせ』(1,580円税込)

色とりどり(?)な馬肉が4種類…見ているだけでワクワクします!ロース、ハネシタ、ちょうちん、たてがみ(だったかな💦)… それを濃い口醤油、甘口醤油、塩ごま油、そして薬味に小葱、にんにく、生姜、きざみ山葵(でしょうか?)で頂きます。

ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

どうやって食べるかを楽しむのも良いですね。新鮮で歯ごたえがしっかりあり、美味!

赤身のロースなどは塩ゴマ油とネギ、脂しっかりのたてがみはきざみ山葵が好みです。口の中で溶ける感触がなんとも言えない!色々な意味で邪道かも知れないけれど白いご飯が食べたくなります…。

ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

『29BY』でのクラフトビールラストは、何故かオーダーせずにはいられない「URUTLA SOUL」。意外に?飲みやすいIPA。苦味穏やかでクリアな感じ。

気が付いたらモニターには、プレイボール前の横浜スタジアムの様子が流れています。後ろ髪引かれるけれどそろそろ行かなければ。

次は焼き鳥も食べたいなぁ…また来ます!ごちそうさまでした!

ビアバー 29BY とブルワリー 254BeeR(ニーキュービーワイ・ニーゴーヨンビール)

横浜とクラフトビールが好きなお二人の美しいビールとお料理を、またいただきに参ります!

254BeeR / 29BY(ニーゴーヨンビール/ニーキュービーワイ)の私的評価

おひとりさま度
★★★★★狭いお店なのでグループ予約も6人まで
カウンターの居心地
★★★★☆ちょっと暗いのですが、スタッフさんとお話しできる位置は貴重♪
ビールの種類
★☆☆☆☆この日はオリジナルが7種類
お料理
★★★★★馬肉、最高!
Fish&Chips
☆☆☆☆☆
リピーター度
★★★★★関内でのお気に入り候補!

254BeeR / 29BY(ニーゴーヨンビール/ニーキュービーワイ)の情報

公式サイト
254BeeR / 29BY
ネット予約
※予約は電話で
タップ数
8タップ
本日のビール
Facebookでチェック!(開栓情報)
ハッピーアワー
無し
ひるビ(昼飲み)
可(基本15時から)
晩酌セット
無し
テイスティングセット
無し
グロウラー対応
(要確認)
カウンター
6席程度(窓際席除く)/22席程度
電源(コンセント)
無し
ライティング
暗め
チャージ/御通し
無し
禁煙/喫煙
禁煙(店奥に喫煙室あり)
住所
神奈川県横浜市中区吉田町5-12 吉田町第二共同ビル 107
神奈川県横浜市中区吉田町5-12 吉田町第二共同ビル 107

こちらの情報は記事作成/更新時点のものです。休日・営業時間・その他、公式サイトで確認をしてからお出かけください