桜がまだ恋しい4月中旬、4月いっぱい実施されている桜のアフタヌーンティーを目当てに『ザ・ロビーラウンジ(シャングリ・ラ ホテル東京)』へ。

アフタヌーンティーのタイトルは『【SAKURA春爛漫の桜アフタヌーンティー】KITAYA六人衆とのコラボレーション 春を愛でるスイーツと共に』です。

ザ・ロビーラウンジ/シャングリ・ラ ホテル東京のアフタヌーンティー予約はこちらから【一休.com】

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

東京駅八重洲口です。あの背の高いビルにホテル シャングリラ東京は入っているのかな?

KITAYA 六人衆とは

アフタヌーンティーのタイトルにある『KITAYA 六人衆』とは、丸ビルにも入っている和菓子屋さんです。

和菓子屋の『喜田家』(きたや)さんは、足立区を中心に現在22店舗もある人気店です。ホームページに載っている古い店舗(創業1955年)の写真を見ると最初は最中(もなか)から始まった庶民的なお店のようで、『六人衆』というどら焼きもあります。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

桜アフタヌーンティーでは和菓子らしく美しいテイストのスイーツとセイボリーが楽しめます。

『喜多家』『六人衆』と出てきたので恐らく、『KITAYA 六人衆』は『喜田家』さんの派生店舗の名称だと思われるのですが(例えばデパートの商品を絞ったお店の名称)、なぜか『喜田家』さんの公式サイトには、そういった説明もなく、店舗一覧にも『KITAYA 六人衆』を冠する店舗の紹介もありませんでした(ホームページ上には「KITAYA 六人衆 ホームページをリニューアルいたしました。」というニュースもあったのですが、そこに掲載されているURLは現在不通)。

高層階のシャングリラ東京のロビー階にある「ロビーラウンジ」

『シャングリラ東京』(Shangri La Tokyo)は、東京駅の八重洲口から徒歩2分程度の高層ビル内にあります。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

八重洲口を出て左手にあるビル群の中へ

東京のウォーキングイベントでしょうか、ガイドさんに案内を受けながら観光されている方がいらっしゃいました。

ビルの谷間で日陰になっている細道を進むと、左手に丸の内トラストタワー本館があります。『シャングリラ東京』のプレートがあるので、すぐ横の自動ドアを入ります。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

金色と黒が際立つ、シャングリラ東京の入口

中に入ると少し狭いと感じますが、1階はフロントやロビーではなく、エレベーターホールのようなもの。エレベーターに乗って28階へ上がります。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

エレベーターの中にあるゴージャスなシャンデリア

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

こちらがフロントデスク。ま、まぶしい…

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

ロビーにあるソファからロビーラウンジを眺める

フロントデスクもロビーも金を差し色に、でもけばけばしくない不思議と落ち着いた雰囲気です。やや狭いのでロビーにあるソファはすべて埋まっています。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

ロビーラウンジ入り口です。ロビーと違って窓が沢山あって明るそう

窓を1枚独り占め!落ち着いた二人席

今回がロビーラウンジは3回目の訪問ですが、二人で来ると窓際のテーブル席に座ることができます(少しですがソファ席でも窓際あります)。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

丸いテーブルと、座りやすい小ぶりのアーム付き椅子

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

28階からの眺め。今回は北西向きです

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

滞在中のゲストらしき方々が立ち代わりのカウンター

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

先ほど、ロビー側から眺めたガラスを内側から。ソファ席は結構広い席も

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

素敵な刺しゅう入りのナプキン

可愛い!きれい!和テイストな桜アフタヌーンティー

席についてほどなくしてスタッフの方が最初のセイボリーを運んで来てくださいました。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

とても可愛い「桜ゴマ豆腐のムースと桜ゼリー」

せっかちな私たちはお茶のメニュー片手に「お茶、お願いしてもいいですか…」とせかせかと動き出しましたが…スタッフの方がにこやかに「今、桜のお茶をお持ちしますので、その後でお伺いしますね。」と。ハズカシイ(^^;

「桜ゴマ豆腐のムースと桜ゼリー」は少量ながら、とてもゴマの味が効いたお洒落で美味しい一皿です。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

「桜の紅茶」。ネット上の情報には無かったので、余計に嬉しい!

桜の葉の薫る、でもクセがない色のとてもきれいなお茶でほっと一息。そのタイミングに合わせたように、三段トレイの登場です。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

王道三段トレイ。珍しくスコーンはウォーマー付き

スコーンは3種類!クリーム類もたっぷり

『ザ・ロビーラウンジ(シャングリ・ラ ホテル東京)』のアフタヌーンティーで特筆したいのは、スコーンとスコーンに付いてくるジャムやクリームです。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

ウォーマーにくるまれたスコーン。温かいうちにいただきます!

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

こちらが、スコーンについてくるクリーム類。ほかにもまだあるんですよ!

今回のスコーンは、クラシックスコーン(プレーン)、桜スコーン、キャロットスコーンの3種類ですが、はちみつ、クロテッドクリーム、ピーナッツカード、いちごジャムが付いてきます。私たちはこれで十分だったので頂かなかったのですが、さらにジャムのワゴンがあり種類や量を足すこともできます

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

こちらが桜スコーン。可愛いです

3つの種類とも小ぶりなので軽く食べられてしまいます。桜は型抜きで3cm程度のものですが、桜の味、しっかりします!キャロットスコーンにはピーナッツカードとクロテッドクリーム、クラッシックスコーンにはクロテッドクリームとはちみつを合わせて楽しみました。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

土日限定で、焼き菓子のサービスもあります。ドライフルーツたっぷりで美味しいです

セイボリーとスイーツも春爛漫!

桜のお茶も飲み終わり、定番のアッサムから次々いただきます。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

最初の一杯はアッサム+ミルクと決まっている感あります

ミルクは冷たいのをもってきていただきました。クラッシックティー、ハーブティー、フレーバーティー、そしてコーヒー類までバランスよくあります。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

上段にスイーツ、真ん中にセイボリーがあります

スコーンの「桜」も可愛いですが、ほかの2段もピンク色で可愛いデザインのものが多いです。一番上の赤い物体がとにかく気になるのですが、まずはセイボリーから。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

真ん中の段には塩気のあるフィンガーフード『セイボリー』が3種類

  • 桜鱒の手毬寿司 桜餅風
  • 春キャベツと海老ムースのロール
  • 馬肉ソーセージと味噌マヨネーズのミニバーガー

特に「春キャベツと海老ムースのロール」が好みでした。「泡が欲しい~!!」と唸ったほど(そういえば、ここ何回かは泡無しが続いています)。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

最上段のスイーツは4種類

  • ルビーチョコレートと苺のムース
  • チェリーパイ
  • 桜の杏仁豆腐
  • 和菓子

食べるのがもったいない、ピンクの桜が可愛い「和」!という感じの和菓子も甘みが控えめで私好みです。今まであまりする機会はありませんでしたが、和菓子と洋菓子を一緒に紅茶でいただくのは違和感まったくないですね。

噂のルビーチョコレートは、苺のカタチで

その存在感がすごい一番気になる「ルビーチョコレートと苺のムース」は、カットするとこんな感じ。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

カットしたら、苺のムースに苺のゼリー、そしてルビーチョコレートがきれいに層になっていました

「ルビーチョコレート」は、ルビーカカオ豆に含まれる独特な成分によって、フルーツも香辛料も入っていないのに今までのカカオからは作ることができないピンク色をしたチョコレートですが、私は意識して食べた記憶がありません💦

検索してみたらキットカットになったことがあったんですね。そしてそこに「世界初」の文字が…「キットカットがお初だったの???」と少々パニックに見舞われましたが、最近になって発見されたこともあり、ダーク、ミルク、ホワイトに続く第4のチョコレートと言われているとか。

確かに、きれいなピンク色でベリーっぽい酸味があります。これで香料が入っていないというのかちょっと不思議ですね。でもホワイトに赤いフルーツを混ぜたという味でもありません(ホワイトなら、もう少し重くて甘いのでは)。

苺を象ったスタイルといい、味といい、良いものをいただきました(笑)。

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

実はこの日は生演奏つき!

『ザ・ロビーラウンジ(シャングリ・ラ ホテル東京)』のアフタヌーンティーは本当に久しぶりだったのですが、今までのどの日よりも三段トレイの中身も良かったし、スタッフさんの対応もスマートでとても心地よかったです。季節ごとに変わるというので、また来たいですね。

【一休でネット予約】ザ・ロビーラウンジ/シャングリ・ラ ホテル東京のアフタヌーンティー

Shanbri La Tokyo(シャングリラ東京)でアフタヌーンティー

ちょっとした演出が素敵な、桜アフタヌーンティーでした!

ザ・ロビーラウンジ/シャングリ・ラ ホテル東京のアフタヌーンティー私的評価

本格的度
★★★★★生演奏もあって素敵!
居心地
★★★★☆柔らかいサービスがとても良いです
スコーン・食事
★★★★☆もうちょっと塩気があれば!
お茶・飲み物
★★★★☆少しラストオーダーの声が早かったかな
リピーター度
★★★★☆アクセスが良いのも◎

ザ・ロビーラウンジ/シャングリ・ラ ホテル東京のアフタヌーンティー情報

公式サイト
ザ・ロビーラウンジ | ラウンジ&バー | シャングリ・ラ ホテル 東京【公式サイト】
ネット予約
【一休.com】でカンタン予約 ※土日祝予約の有無は時期・時間により異なります
時間制限
2時間
ドレスコード
スマートカジュアル
お誕生日対応
(特に記載なし)
お一人さま
不可
子ども対応
可/子どもメニュー有り(詳しくはお問い合わせください)
茶葉変更
可(ポット/カップ・グラス)
スコーン
有り(小サイズ×3)
クロテッドクリーム
有り
住所
東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館 シャングリ・ラ ホテル 東京28F
東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館

こちらの情報は記事作成/更新時点のものです。休日・営業時間・その他、公式サイトで確認をしてからお出かけください

関連情報