「都内での人気アフタヌーンティースポットの一つ、『ペニンシュラ東京』(THE PENINSULA TOKYO)のザ・ロビーに、(恐らく)5、6年ぶり、2回目の訪問です。

今回『ペニンシュラ東京』を選んだポイントは二つ。一つはテーマがイチゴだったこと。そしてもう一つは以前のアフタヌーンティーとデザインが大きく変わっていたからです。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビーのアフタヌーンティーはオンライン予約ができます【一休.com】

いつも大人気!ペニンシュラ東京のアフタヌーンティー

今までも何度か『ペニンシュラ東京』で気になったアフタヌーンティーのテーマが合ったのですが、毎回希望日に予約することができず、なかなか再訪することができませんでした。相変わらず人気です。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

今回は前の予定から微妙な移動時間だったので、初めてタクシーで来た=正面から初めて入りました。

『ペニンシュラ東京』はショップの入り口が丸の内仲通り(有楽町駅側にある通り)にあるため、ホテルに入るならブティックなど見つつ、そちらから入るのが便利です。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

こちらの回転ドアが正面の入り口です。白い衣装に身を包んだスタッフさんがアテンドしてくれます。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

ザ・ロビーは左右に分断されており、ロビーのソファが通路を作っています。ロビーにあるカフェとしては面白い造り。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

天井のシャンデリアが天空のようで美しい。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

案内されたテーブルと中央の通路の間にはほとんど壁がありません。

前回のアフタヌーンティーのときに、この中央の通路を花嫁さんが通ったりしていたのですが、ザ・ロビーやホテルを利用しない一般の方も入れるため、少し落ち着かない印象でした。

でも今回は、ずっと何らかの生演奏があったため、それもあまり気になりませんでした。

3月14日まで!ストロベリー アフタヌーンティー

私たちが通されたのは、正面玄関寄りの片面続きソファのテーブル席です。広めのテーブルなので安心感もありますが、残念ながら楽器が生演奏されるであろうところは見えません。入った時間帯は現代音楽をアレンジした管弦楽(多分)が流れていました。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

こちらが本日のメニュー。細かく書いてあるので、「これなんだっけ?」が無くて助かります。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

最初のお茶は、定番のアッサムにしました。

ポットは若干小さめで、軽めに2杯です。ミルクは「冷たいですか?温かいですか?」と尋ねると、逆に「どちらがよろしいですか?」と聞いてくださいました。もちろん、詰めたいもので。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

銀のポットは小ぶりですが、しっかりとマークが入っているのが素敵です。伝統を感じます。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

まず初めにやってきたのはスコーン。

スコーンは、プレーンとチョコレートの2種類です。四角くて外側はしっかりしていて、中がしっとりしているので、ナイフで横割りにしてもあまりボロボロとはこぼれません。クロテッドクリーム、イチゴジャム、チョコレート(このチョコレートが後程物議を醸すのですが)が付いているので、最初はプレーンをクロテッドクリームを着けていただきました。

「これは王道かも!美味しい!」と思わず声に出た最近食べた中では一番のお気に入りです。砂糖の甘味は感じるものの素朴で、でも照りがなんとも言えないくらい美しいのです。少し小ぶりかなぁと思いはしたものの、最終的には(私には)ちょうど良い大きさでした。チョコレートも甘すぎず、イチゴジャムがよく合います。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

そしてお楽しみの、ユニークなシルバートレイ。目で見ても楽しいです。

セイボリーは6種類。

  • 卵とスモークサーモンのロールサンドイッチ イクラ
  • クロックマダム ハムとチーズ
  • ツナと胡瓜のサンドイッチ
  • フォアグラ ブリオッシュトースト ポートワインのジュレ
  • フルーツトマトカプレーゼ 真珠に見立てたバルサミコ
  • パテ ド カンパーニュ レッドオニオンのピクルス

どれにしようか迷っていると、メニューを持ったスタッフさんにアルコールを進められたので、セイボリーが絶対に良いおつまみになるであろうとオーダー。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

スパークリングワインは1,200円(税別・サービス料別)。爽やかで飲みやすい1杯。

セイボリーはどれも美味しかったのですが、私のお気に入りは「クロックマダム ハムとチーズ」。ソースかな?と思ったのは卵でした。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

こちらがお酒にとっても合う、クロックマダム。

セイボリーは歩くて、結構すぐに食べ終わってしまいました。次は紅茶のお替りをいただきつつ、スイーツを。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

セイボリーにもイチゴがのっていたり、可愛らしさ満載です。

  • 苺とヘーゼルナッツジャンドゥーヤムースのタルト
  • ダックワーズ 苺のジャムとホイップクリーム
  • アーモンドケーキのガトー・ティグレ ストロベリーガナッシュ
  • ラ・フレーズ ストロベリークレミューとバニラのババロア
  • クレーム・ダンジュ 苺のコンポート メレンゲ添え
  • パルミエ パイのキャラメリゼ

『イチゴ』とか『チョコレート』とか、テーマが食材だと飽きてしまう場合も多いのですが、『ペニンシュラ東京』のアフタヌーンティーは見た目も味もバリエーションが豊富で、「もういい」とは思わないのが素敵なところ。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

例えばこちらは、丸ごとの苺にチョコレートコーティングか、もしくはルビーチョコレートかと思ったら…

驚いたのは、イチゴの形を丸ごとしているものの中味がババロアだったこと。また、説明で「そちらのチョコレートをつけて…」と言われたもの(!これはスコーンのチョコレートじゃなかったのか!と驚く)がどれかわからなくなったり。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

パルミエしか、チョコレートにつけるものが思い浮かばず…当りだったのでしょうか?

チョコレートはアーモンドが効いており「香港ぽい」感じがします。分量的には、スコーンにつけても十分なぐらいあるので、たっぷりとつけて。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

途中から音楽は、琴(もしくは箏。よく見なかったので和琴か古琴なのかもわからず)とバイオリンに。時折り驚くほど力強い音色が聴こえてきます。

これは素敵!豪華な誕生日サービス

今回もバースデーガールがいたので、無料のお祝いサービスを楽しませていただきました。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

立派なメッセージプレートとキャンドルが素敵な誕生日サプライズ。

誕生日などのお祝いサービスを無料で受けてくださるラウンジやカフェは多くありますが、『ペニンシュラ東京』のはなかなかポイント高いです!長いキャンドルに灯りが灯されて運ばれてくるのは、フルーツの乗ったフロマージュでした。

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

オーガニックティーや伝統的な紅茶もあって、種類的にも満足なティーサービス。最後のお茶が少ないのだけが、残念。

セイボリーとスイーツ、スコーンと量もたっぷりで、満足度が高いアフタヌーンティーでした。強いて言えば、最後のお茶がポットではなくカップでサーブされてきたのと、通路側の席だと、ロビーを通り過ぎるお客さまに食べているものを覗き込まれる(笑)のが難点でしょうか。

でも、またお邪魔したいです!

ペニンシュラ東京 ザ・ロビーのアフタヌーンティーはオンライン予約ができます【一休.com】

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

イチゴの季節は、色々なところにアフタヌーンティーに行きたくなり、困ってしまう(笑)

ペニンシュラ東京 ザ・ロビー

ちょっと困り顔が可愛い、入り口の…獅子?

ペニンシュラ東京 ザ・ロビーのアフタヌーンティー私的評価

本格的度
★★★☆☆トレイはオリジナリティありますが、合ってる!
居心地
★★★★☆仕切りがないロビーと一体的なスペース
スコーン・食事
★★★★☆苺づくしでも飽きない
お茶・飲み物
★★★★☆最後の一杯がなぜカップ…?
リピーター度
★★★★☆誰といっても喜んでくれそう

ペニンシュラ東京 ザ・ロビーのアフタヌーンティー情報

公式サイト
ザ・ロビー|ザ・ペニンシュラ東京
予約
一休.com
時間制限
2時間
ドレスコード
スマートカジュアル
茶葉変更
あり
スコーン
2種×各1
クロテッドクリーム
あり
住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-8-1
東京都千代田区有楽町1-8-1

こちらの情報は記事作成/更新時点のものです。休日・営業時間・その他、公式サイトで確認をしてからお出かけください